全国の病院のクチコミ情報交換サイト。みんなの情報でいい病院を見つけ出そう!
 2017/06/28:話題のダイエット[炭水化物ダイエット ] 

このサイトの運営方針〜詳細〜

このページでは病院関係者に読んでもらいたいことを中心に書いております。

●前提条件
当サイトの前提は「インターネットを利用し公益を図るサービス」です。
どんな業種・業態でもサービスを受ける権利や選択権はユーザー(この場合は患者)にあり、その情報を取得し交換する権利もユーザーにあるもの考えてサービスを立ち上げました。特に医療は公益性の高いサービスであり、その情報を共有する権利は患者にあるという視点で運営しています。そして、ネガティブな投稿に関しては具体的な記述があるものは「公益性」を重視し掲載しています。もし、事実と異なる書き込みがあれば、病院名・所在地・書き込み内容を教えてください。こちらで検討し対応いたします。

「表現の自由」に基づいて、事実を尊重した意義のある情報を交換する場所になることが理想です。

参考: 第13回 「ぼったくり」「氏ね」はどこまでが表現の自由?
引用: インターネット匿名掲示板に書き込まれた企業などへの批判は、どう扱われるべきなのか――。きわめて微妙なこの問題について、新たな議論を投げかけるであろう重要な判決が、5月18日に東京地裁で下された。都内の予備校について書かれた「親の間に不信感が広まっている」「この予備校の授業は役に立たなかった」「はっきりいってぼったくり」といった書き込みについて、裁判所が「表現の自由の範囲内として許容すべきである」と認めたのである。

●匿名の書き込みについて
掲載方法の不平等は、インターネットに限らず、新聞・雑誌など他のメディアを含めて、完全にはなくならないと考えています。(事実、新聞や雑誌でも匿名や偽名での投稿が多い)
なので、本名の記載は義務付けていません。
ただし、投稿時にIPアドレスを取得・開示していますので、この情報をもとに、特権的な地位と法律を武器に特殊な技術を使えば個人を特定することは可能です。掲示板の書き込みから逮捕者がでるのはこのためです。(その気になればメールからでも個人を特定できますから。)
ちなみに、調査する権利のない人がこれを行うと、不正アクセスになり捕まります。

また、当サイトは掲示板形式のサイトであるためプロバイダー責任法に基づいて運営しております。よって発言内容は発言者が責任を持っております。

プロバイダー責任法の概要
http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2001/1122/prohou.htm

●医師は特別な階級ではなく職業のひとつ
「ネガティブな投稿は営業妨害だ」というお問い合わせをいただくことが稀にあります。しかし、医師法の第1章 総則 第1条「医師は、医療及び保健指導を 掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な 生活を確保するものとする。」を引用するまでもなく、医療の本質は、公にされて困るような診療を行うべきではなく、そのような診療を行わない限りネガティブな意見は生まれにくいと思います。

不味いレストランにお客さんが入らなくなり閉店に追い込まれ、 価値のない商品を開発・販売する会社が倒産し、 面白くない本を書く小説家が売れないのと同じで、 病気の治せない医師は患者に見放されることは自然なことと思います。

そうならないために、料理の腕を磨き、価値のある商品を開発し、 面白い本を書き、患者のために努力して欲しいと思っています。

ごくごく一部の医師だとは思いますが、「『患者は医師の言うことを聞け』といわれた」「見下された」という意見を聞きます。職業が違うことを階級や身分が違うと勘違いしている人がいるみたいですが、普通の人はそんなことを思ってはいません(そんなことを言われたり聞いた人は、他の病院に行き、そのときの様子を周りの人に言いふらすでしょう)。

●当サイトの影響力について
アクセス数を人口と比較しても、実際には、当サイトの影響力は ほぼゼロに近いと思いますが、良心的で患者のために努力をしている 病院や医師を多くの方に知ってもらい、そうでない病院・医師は 改善してもらうきっかけを生み出す場所になればと思い 「情報交換できる場所を提供している」次第です。(職場や地域のコミュニティの影響力のほうが数十倍も高いと思います。)

運営体制は、定期的に書き込みをチェックして、 想像や極端に悪意のある書き込みがあった場合には、 削除・修正するようにしておりますが、 削除すべき内容の投稿があれば、具体的にご指摘ください。

なお、当サイトの理想は医師の方々がこのサイトで返信をしていただくことが最良と考えています。

三好耳鼻咽喉科クリニック」の院長の対応は非常に明確で好感が持てます。患者との誤解をとる事は投稿を削除する何倍も効果があると思われます。ぜひ、削除依頼前にご検討ください。


コンテンツ
注目記事
オススメ情報
病院の選び方がん早期発見[PET]自宅で血液検査健康関連用語集医療ミスデータベース管理人オススメアイテム