全国の病院のクチコミ情報交換サイト。みんなの情報でいい病院を見つけ出そう!
 2017/11/23:話題のダイエット[低糖質ダイエット ] 

奇跡の水

奇跡の水は本当にあるのか?

ときどき、「アトピーが治った」「末期がんがなくなった」などと奇跡の水がテレビで紹介されています。ルルドの泉、トラコテの水、日田天領水などなど世界中に奇跡の水はあるみたいです。嘘かホントかは別として、大勢の感謝している人と、水を汲みに来ている人がいる事実がある以上、何らかの仕掛けがあるみたいです。

科学的に分析してみる

奇跡の水と呼ばれているものを科学的に分析してみると、活性水素が含まれていたり、クラスターが小さかったりと、やはり普通の水と比べると何らかの差があるみたいです。

活性水素とは、原子で存在している状態のことです。この状態で体内にあると、酸化しやすいので、様々な病気を引き起こす原因と考えられています。しかし、活性水素を含んだ水を飲むと、活性水素と活性水素が結びつき、無害な水となって体外へ排出されるということらしいです。

また、クラスターとは水分子の塊を指します。このクラスターが小さいということは、水が微量のミネラルと共に細胞のすみずみまで浸透し、細胞の栄養素の吸収および老廃物の排出を促進させることができるみたいです。その結果、細胞の活性化へとつながり、病気の回復などがおこるということみたいです。

元々、病気の人は水をいっぱい飲めと言われます。分かりやすい例で言えば、膀胱炎になったら、尿をいっぱい出して膀胱を清潔にしろとか、尿酸値が高い人は水分をいっぱいとって濃度を薄くしろとか。血液のドロドロの人も水をいっぱい飲めといわれますね。

つまり、水は元々、奇跡を起こす要素を持っています。それが、特殊な条件の水では顕著になるだけです。でも、どうせ飲むなら奇跡が起こりやすい水を飲みたいと思うのが人情ですね。

奇跡を起こしやすい水

奇跡の水関連書籍

コンテンツ
注目記事
オススメ情報
病院の選び方がん早期発見[PET]自宅で血液検査健康関連用語集