全国の病院のクチコミ情報交換サイト。みんなの情報でいい病院を見つけ出そう!
 2017/02/27:話題のダイエット[モデリートスピードスリム ] 

更年期障害特集

コンテンツ
注目記事
オススメ情報

更年期障害とは

女性の場合、45歳から56歳ぐらいに閉経に伴い、様々な身体的症状および精神神経症状があります。ホルモン(エストロゲン)の低下に伴い急速に発現する早発症状と、閉経後数年から10年以上してから発生する遅発症状とがあります。

  • 早発症状:のぼせ、ほてり、冷え症、発汗異常、動悸、めまい、うつ状態、イライラ感、不眠、頭痛、手足のしびれ、蟻走感など
  • 遅発症状:性交痛、萎縮性(老人性)腟炎、尿道炎、尿失禁、皮膚委縮、肥満、腰痛、肩こり、骨粗鬆症、骨量減少症、動脈硬化症など

最近では男性の更年期症状も注目されています。発症年齢も女性とほぼ同じく、ホルモンが減少する45歳くらいからみられます。「何もやる気が起きない」「イライラばかりしている」「うつうつとして、仕事をしたくない」などを感じたら更年期障害かもしれません。

更年期障害の治療方法

  1. ホルモン補充
    一般的には、この治療法が多いと思われますが、女性の場合、乳がんや血栓症、心疾患などのある方は、受けられません。

  2. 漢方薬療法
    四物湯(しもつとう)などが代表的です。

  3. 食事・運動療法
    高脂血症や骨粗鬆症を予防するためにも長期的な視点でみると、これは必須の療法かもしれません。

  4. その他には、精神神経科でのカウンセリングや、精神安定剤、抗うつ剤などの投与を受ける場合もあります。

更年期障害関連商品

更年期障害関連書籍

病院の選び方がん早期発見[PET]自宅で血液検査健康関連用語集